歌舞伎町のホストクラブで働くメリット・デメリットを紹介

“ホストの聖地”である新宿 歌舞伎町。
日本一の歓楽街でもあるこの地で、これまで数多くの方が働き、数多くの方が成功を掴んできました。
今回は、歌舞伎町のホストクラブで働くメリットデメリットを紹介。
更に、ホストワーク編集部がオススメするホストクラブもピックアップしています!


はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック Shareする (facebook)

【歌舞伎町で働くメリット】
・店舗数が多い

ホストクラブの店舗数は、歌舞伎町だけで200店舗近くあります(関東全体では400店舗以上)。
大阪ミナミは120店舗程度なので、関西エリア全てを合わせても歌舞伎町の店舗数を上回れません。
つまり、それだけ働ける場所があり、自分に合ったお店を探せるという事です。

・給与や待遇が良い

【トップホストの平均給与例】
売上1600万円/月収1000万円(関西は1200万円/900万円)
ホスト業界に限らず、大都市東京は平均給与が高く設定されています(ただし物価も高い)。
また、人材を確保するために各店舗が待遇条件を競い合うので、結果的に高待遇のお店が多いのも歌舞伎町の特徴と言えるでしょう。

・チャンスが多い

日本一の歓楽街のため、有名企業の女社長や女性芸能人、売れっ子AV女優などの来店も多く、稼げた時の額が信じられない事になります
また、全国放送のテレビ番組から取材依頼が来ることもあるので、有名になりやすいという土壌があります。

【歌舞伎町で働くデメリット】
・ライバルが多い

歌舞伎町で働いているホストの数は約5000人と非常に多くの方が働いています(ミナミは約2000人)。
つまり、売れっ子になって成功を掴むまでに数多のライバルが存在します。

・人の移り変わりが激しい

「人が多い」という事は、「代わりはいくらでもいる」という事です。
大阪の街では浪花節が通用するかもしれませんが、歌舞伎町はビジネスで成り立っています。
ある日突然No.1ホストだった方が辞めた!なんて事も…

とはいえ、人の移り変わりが激しいという事は、自分にも必ずチャンスが巡ってくるという事!
お店のピンチが自分のチャンスだと捉えられる方こそ、歌舞伎町で成功出来る人間だと言えるでしょう。

【まとめ】

ホストで成功するなら間違いなく歌舞伎町。
ライバルは多いですが、成功を掴んだ時の見返りはかなり大きいです。
また、芸能界デビューをしたホストも殆どが歌舞伎町出身なので、夢は大きく広がっている“ホストの聖地”と呼ぶに相応しい場所でしょう。

おすすめホストクラブ

ホスト求人サイト「ホストワーク」の広告掲載の案内
Majesty
Majestyの広告バナー
KinG
KinGの広告バナー
KNIGHT
KNIGHTの広告バナー
GENERAL
GENERALの広告バナー
Cruise
Cruiseの広告バナー

はじめての方へ
お問合せ
求人広告掲載について
ホストワークをご利用の方へ
有料掲載店ログイン