ホストクラブ・ボーイズバーについて解説

『ホストワーク』で主に取り扱っているホストクラブ・ボーイズバーの求人に関する解説ページです。
関東圏の主なエリアの特色の他、各種業種・職種については簡易的な解説と詳細解説へのリンクがあります。

※下記内容は、当サイト編集スタッフが独自の経験と知識を元に編集したものです。
掲載店全てにおいて合致するとは限りませんことをご了承下さい。
詳細は面接の際にご確認下さい。

エリア解説

新宿歌舞伎町の風景

関東でホストクラブが営業しているエリアの解説を行います。

新宿(歌舞伎町)

歌舞伎町といえば日本を代表する繁華街・風俗街。
ホストクラブはもちろんのこと、風俗店・キャバクラなど数多くのナイト系ビジネスを行う店舗がひしめき合う競争の激しい街です。
ホスト業界最高峰の場所だけに、好条件・好待遇の店舗が多く、一攫千金を目指すチャンスに満ち溢れています。
地方からの上京者も常に募集しているので心機一転、新しい人生のスタートにもうってつけのエリアです。

池袋

三大副都心の一つで渋谷に次ぐ繁華街。
広い範囲に数多くの風俗店が散在する、風俗激戦区でもあります。
ホテヘルやキャバクラ以外に、ディープな老舗店やピンクサロンも多い地域です。
近年、飽和状態になりつつある歌舞伎町から離れてホストクラブの新規出店が増えている地域です。

六本木・渋谷

新宿、池袋と並ぶ東京を代表する繁華街。
おしゃれなデパートや専門店・飲食店が立ち並び、若者の街として知られています。
道玄坂を中心に若い女の子のホテルヘルスが多く、スカウトも活発な地域です。
六本木は高級クラブ・キャバクラの激戦区として知られ、芸能人の姿を見ることも。
外国の大使館等がある国際的な街としても知られ、外国人の姿も目立ちます。

池袋と同様にホスト業界の新たな拠点として新規店舗の出店を行う大手グループが増えています。

立川・八王子・ひばりヶ丘

かつては各駅周辺に多くのピンクサロンがあったエリア。
立川駅は多摩地区最大の乗車人員数を誇り、駅周辺には集客力のあるピンクサロンが多い。
今はデリバリーヘルスが業種の9割を占めているエリアである。
また八王子は23もの大学が存在する学生タウンでもある。

都心に比べるとホストクラブの数は少ないものの、独自性をもった店舗が多く、息の長い営業を続けています。
近年ではこのエリアに注目する大手グループが現れ、FC(フランチャイズ)店をオープンさせる流れも生まれています。

町田

小田急線の町田駅を中心に多くの風俗店が集まっています。
広範囲で受け付けしているデリヘルが多く、ホストクラブに通ってくれるお客様候補は多いです。

小岩・錦糸町

風俗店の多くは、錦糸町に集中している。
かつては居酒屋の周りにあるピンクサロンが中心であったが、2006年頃から歌舞伎町や西川口などの風俗街の浄化作戦が始まるとホテルヘルス・イメクラなど様々な業種が増え始めた。
現在では、新宿・池袋・渋谷に次ぐ第四の性都としての位置を築きつつある。

ホストクラブの数は少ないものの、都心部に比べると敷居が低くアットホームな店舗があります。
いきなり歌舞伎町で働くのはちょっと自信がない、そんな方にオススメです。

神奈川(横浜・川崎)

横浜周辺に老舗ヘルスやソープを中心に、様々な業種の風俗店が存在しています。
川崎には有名なソープ街が2つもあり、最近ではデリヘル等も増えてきています。

関東エリアでは歌舞伎町に次いでホストクラブの数が多いエリアです。
土地柄、オシャレな店舗が多いです。
歌舞伎町のホスト業界とのつながりは比較的弱く、歌舞伎町のホストグループに所属する店舗は少なめ。
独自のホスト文化を展開しています。
但し、歌舞伎町でのホスト経験者が神奈川エリアに移籍するケースは少なくありません。

埼玉

大宮や西川口を中心にソープ、ヘルスなどが点在しています。
神奈川同様、最近はデリヘルも増え始めています。

ホストクラブは大宮を中心に営業しています。
大宮内で数店舗営業しているホストグループの所属店が大半を占めています。

千葉

千葉というとエリアは広いが、繁華街としては栄町が有名。
ホテルヘルスが多くあり、デリヘルも増えています。

ホストクラブは栄町や富士見エリアにあります。
比較的小規模な店舗が多いですが、千葉内で複数店営業しているグループ、西は大阪まで展開しているグループもあります。
一部の大手歌舞伎町グループは千葉エリアに新規出店を始めています。

業種解説

ホストクラブの店内イメージ

ホストクラブや類似の業種についての解説です。

ホストクラブ

男性従業員(ホスト)が女性客の隣に座って接待をする店舗のこと。
キャバクラ等における「客」−「 ホステス」と対照的な位置にあります。
多くのホストクラブは永久指名制を採用していますが、中には条件付きで変更可能な店もあります。
レディースクラブやナイトと称している店舗もあります。

営業時間は大きく分けて2つ。
夕方〜深夜24時(一部地域では25時まで)の1部営業。
午前6時〜昼までの2部営業(近年では朝ホストとも呼ばれる)。
数は少ないが、昼間から夕方くらいまで営業する3部営業店も存在します。
歌舞伎町においてはほとんどが1部営業の店舗です。

店内にはテーブル席のほか、VIPルームと呼ばれる個室があるのが基本です。
店舗によってはカウンターがあってバーとして利用できる場合もありますし、ステージがあってショーを開催している場合もあります。
席数や広さによって大箱(おおばこ)・中箱(ちゅうばこ)・小箱(こばこ)と呼ばれることもあります。

ボーイズバー

カウンター越しにお酒類を提供する飲食店であるバー。
その中でもバーテンダー・ウェイターなど接客を担当するスタッフが男性ばかりの店舗のこと。
メンズバーと称している店舗もあります。

営業時間は店舗によって異なります。
ホストクラブとは異なり、営業時間に法律上の制約がないため自由に設定できます。
需要の関係で夜〜明け方まで営業している店舗が多いです。

小規模な店舗が多く、店内にはカウンターの他にテーブル席が少しあるくらいです。
VIPルームなどの個室がない場合が多いです。

職種解説

ドン・ペリニヨンの画像

ホストクラブ・ボーイズバーで働くスタッフの仕事内容や給料についての解説です。

ホスト

女性客の隣に座って接客(※)をする仕事で、分かりやすく言うとキャバ嬢の男性版です。
お酒を一緒に飲み、楽しい会話でお客様の会ストレス発散・欲求不満の解消をお手伝いします。
ビジュアル・ルックス重視だと思われがちですが、会話が面白い人であれば、年齢問わずホストとして働けます。
※接待(せったい)と呼びます。

給与は高率の歩合給での支給がメインとなるため、売り上げを上げれば給与はうなぎ上り。
一攫千金を求める男性求人の王道です。
その逆に、新人は生活するのも大変というイメージを持たれているのも事実。
最近では最低限貰える給料として最低保証給を用意している店舗がほとんどなので売上が無くても生活はできます。
昔に比べて売上(成果)に追われることなく、マイペースでホストの仕事を続けられる環境が整っています。

寮が備えられていることが多いのがホストの仕事の特徴。
住み慣れた街を出て、一攫千金を狙うのも良いかもしれません。

実際にどんな仕事をするのか、店の雰囲気はどうなのか。
それを知るために「体験入店」のシステムがあります。
気軽に参加できますので問い合わせしてみましょう。

店長/幹部候補

ホスト業界にも普通の会社と同じように社長(代表)がいて管理職がいて、一般スタッフ(ホスト)がいる構図は変わりません。
会社で言うところの部長などの管理職の仕事がこれにあたります。
ホストとして接客の仕事を行いつつ、店舗の運営にも関わります。
スタッフの教育、営業広告の打ち合わせ、求人募集・対応、経理業務など仕事は多岐にわたります。
仕事量が増えるため大変ではありますが、やり甲斐があり、報酬もそれに見合って大きくなります。
この経験を活かして独立し、自分が社長として新店をオープンさせる人も少なくありません。
基本的に経験者向けの募集です。
他店からの移籍者も対象です。
未経験者がいきなり管理職に就くことはできません。

内勤ウェイター

ホストクラブでお客様の案内や給仕の仕事を担当すします。
キャバクラで言うところの「黒服」や「ボーイ」に似ています。
仕事は、開店準備(掃除・ドリンクやフードの用意など)から始まり、営業中はウェイターとして店内を回ります。
ある程度の経験を積むとお酒や備品の発注管理などを任されることも。
ホストとは違い、特定のお客様の席に付く接客(接待行為)は行いません。

バーテンダー

バーやボーイズバーで、お酒やカクテルを作り、提供する仕事です。
ホストクラブでも店内にバーカウンターがある場合は募集していることもあります。
店によってはフードの提供もしたり、お酒や備品の発注管理などを行うこともあります。
ホストとは違ってお客様の隣での接客(接待行為)は行いませんが、カウンター越しでの会話は行います。

事務/WEBスタッフ

ホストクラブなどナイトワーク業界のお金の管理はどんぶり勘定といったイメージが数年前までありましたが、今はそうではありません。
当然、税金など税務署から通達も来ますので、帳簿の作成、領収書の管理などきっちりとした事務作業が必要です。
専任スタッフを募集するホストクラブが増えています。

最近では店舗の宣伝はネットが主流です。
HPや情報サイトに掲載し、SNSを運用し、動画もアップする。
WEBの知識・技術を求められるケースが増えています。
専任のスタッフを必要とする店舗は積極的に募集を行っています。
女性がホストクラブで働ける可能性がある、数少ない枠です。

スカウト

ホストとして働きたい人と、ホストを募集している店舗をマッチングさせる仕事。
世間的にはアイドルやモデルのスカウトが一般的ですが、漫画などでも取り上げられることが増え、夜の業界に特化したスカウトも知られるようになりました。
法律の規制により、路上でのスカウト行為が禁止になりました。
その為、最近では女の子からの紹介やSNSなどを利用するのが一般的なようです。
スカウトと言っても店に雇用されるスカウトと、店と契約して幅広くするスカウトなど働き方は様々です。

待遇解説

ホストクラブ・ボーイズバーの待遇解説

ホストクラブやボーイズバーで働く上のメリットや特典、職場環境に関する解説です。
『ホストワーク』では求人検索の条件として利用できます。

体験入店可

実際の店舗で接客などの仕事を体験できるシステム「体験入店」が可能な店舗です。
先輩スタッフ、来店するお客様など求人情報だけでは分からないことまで知ることができます。
ホストクラブにおいてはほぼ100%の割合で実施されていますが、ボーイズバーでは不可の場合もあります。

体験支給額15000円以上

体験入店後に支払われる体験料(給料)が15,000円以上の店舗です。
支給額の相場は体験する時間の長さにもよりますが、歌舞伎町で5,000円〜8,000円、地方では5,000円以下の場合もあります。
かなり高額の支給なので一部の店舗では条件を設けている場合があります。

最低保証あり

売上や成績に関わらず、最低限支払われる給料額が設定されている店舗です。
特にホストクラブにおける基本的な給料は売上を元に算出される歩合給です。
歩合給は売上が増えるほど天井知らずに上がっていくメリットがありますが、逆に売上が無ければ0円です。
最低保証は売上が増えにくい新人や未経験者向けの救済システムの意味合いが強いです。

日給保証10,000円以上

最低保証で支払われる金額が10,000円以上の店舗です。
売上がまだ少ない時に最低保証として支払われる金額は店舗によってい異なります。
おおよその相場は日給5,000円〜8,000円ほど。
相場以上の保証給を支払ってくれる店舗を探したい方はこの待遇に注目してください。

日払い可

毎日が給料日!日払いで給料を支給してくれる店舗です。
ホストクラブの場合は歩合給の計算が必要なため、常に毎日の支払いができない場合もあります。
また、日割りの給料の満額が受け取れない場合もありますので注意が必要です。

総売上バック

歩合給の計算において、売上額の算出を総売り(総計)に設定している店舗です。
総売りとはお客様が支払った金額そのものです。
対義語は小計。
小計は飲食代・指名料・セット料金などで、小計にサービス料(+税)を加算したものが総計です。
歩合率が同じ場合、金額が大きい総計での計算の方が貰える歩合給は大きくなります。

寮有り

在籍するスタッフ用の寮がある店舗です。
寮とは言え、建物は一般の賃貸物件を使用していることが大半です。
複数人でシェアして住むのが一般的ですが、個室寮が使える店舗もあります。
通常の賃貸料よりも安いですが、寮費がかかります。
ナイトワークに従事している場合、賃貸物件が借りにくい事情があるので寮を活用しましょう。
地方からの上京者にとっては住居を探す手間が省かれるメリットもあります。

寮費無料制度あり

一定期間、寮費が免除される制度がある店舗です。
格安とは言え、一定額は必要な寮費が無料になるので余分な出費を抑えられます。
無料期間は1ヶ月〜3ヶ月に設定されている店舗が最も多く、一部の店舗では働いている限りは永久無料にしてくれることもあります。

入店祝い金あり

入店後に一定のお祝い金が貰える店舗です。
金額は5万〜30万くらいの幅があります。
入店に関しての感謝の気持ちと共に、新しい仕事・環境への対応にかかる経費を負担する意味合いがあります。
支払い時期は店舗によってことなりますが、入店日ではなく最初の給料に加算される場合が一般的です。

1部営業店

ホストクラブの営業時間の種別である1部営業(夕方〜24時)に該当する店舗です。
歌舞伎町のほとんどがこの1部営業に該当します。
ボーイズバーではこの種別はほとんど使われません。
ホストクラブのもう1つの営業時間の種別は2部営業。
早朝から営業していて、最近では「朝ホスト」とも呼ばれています。

終電上がりOK

ホストクラブの営業時間の種別である1部営業(夕方〜24時)に該当する店舗です。
歌舞伎町のほとんどがこの1部営業に該当します。
ボーイズバーではこの種別はほとんど使われません。
ホストクラブのもう1つの営業時間の種別は2部営業。
早朝から営業していて、最近では「朝ホスト」とも呼ばれています。

オンライン面接可

SNSやオンライン会議ツールなどを利用してオンラインで面接ができる店舗です。
ホストクラブやボーイズバーで働きたくても、店舗から遠く離れていると交通費が高額になるために気軽に面接を受けることができませんでした。
2020年以降、新型コロナウィルスの影響もあり、オンライン面接に利用できるツールが増えました。
それらを利用してオンラインで面接を行うホストクラブ・ボーイズバーも増えています。

写メ面接可

写真を添付したメール(写メ)で面接ができる店舗です。
実際にはメールの形式でなくてもSNSなどでも可能です。
メールには写真以外にもプロフィールや自己PRを書いておきましょう。
オンライン面接と同様に、気軽に行けない地域への応募に向いています。

アルバイト勤務可

時間的な制約の少ないアルバイトでの勤務が可能な店舗です。
ここで言うアルバイトとはフルタイム勤務と対比のパート勤務に近い意味合いです。
ホストクラブやボーイズバーにおいてフルタイムで働く働き方はレギュラー勤務と呼ばれます。
逆に、週2〜3日、1日3〜4時間など短時間だけ働く働き方をアルバイト勤務と呼びます。
働ける時間が限られている場合はこの待遇条件の店舗を探してみましょう。

副業・掛け持ちOK

学生やサラリーマンなど本業があっても副業・掛け持ちバイトとして働ける店舗です。
ホストクラブ・ボーイズバー業界は同業種でなければ副業や掛け持ちで働くことには寛容です。
働ける時間は限られますが、短時間でも稼ぎやすいのがホストクラブやボーイズバーの強みなので大きく稼ぐこともできます。
休息時間は必然的に少なくなるので体調管理はしっかり行いましょう。

週休2日制

定休日が週に2日以上ある店舗です。
毎週2日定休日がある「完全週休2日制」の他、月1回以上週休2日がある「週休2日制」も含みます。
店舗の求人詳細の定休日の項目のチェックをお忘れなく。

週1出勤からOK

勤務日数が週1日でも働ける店舗です。
仕事には興味があるけれどフルタイムでいきなり働くことには抵抗がある人や週末だけ働きたいサラリーマンなどに人気の待遇条件です。
入店後にもっと働きたくなったら出勤日・出勤時間を変更することもできます。

求人情報を探してみよう

一通りホストクラブ・ボーイズバーについて知った後は実際の求人情報をチェックしてみましょう。
気になった店舗にはお気軽にお問合せ下さい。

勤務地検索
待遇検索
他の地域でホスト求人検索
ホスト求人サイト「ホストワーク」の広告掲載の案内
KING
KINGの広告バナー
OPUST
OPUSTの広告バナー
alpha
alphaの広告バナー
ACQUA -CHIBA-
ACQUA -CHIBA-の広告バナー
One’s
One’sの広告バナー
FANG
FANGの広告バナー
BLACK SWORD
BLACK SWORDの広告バナー
#Noise by ACQUA
#Noise by ACQUAの広告バナー
club HERO
club HEROの広告バナー
ESCORT
ESCORTの広告バナー
KNIGHT
KNIGHTの広告バナー
Majesty
Majestyの広告バナー
REGULUS
REGULUSの広告バナー
Cruise
Cruiseの広告バナー
∞-Eight-
∞-Eight-の広告バナー
CLUB ACE
CLUB ACEの広告バナー
ACQUA
ACQUAの広告バナー
TRIDENT
TRIDENTの広告バナー
CLUB A
CLUB Aの広告バナー
SMAPPA!HANS AXEL VON FERSEN -Smappa! Group本店
SMAPPA!HANS AXEL VON FERSEN -Smappa! Group本店の広告バナー
ASPIRATION
ASPIRATIONの広告バナー
エルコレ・Latte
エルコレ・Latteの広告バナー
R TOKYO
R TOKYOの広告バナー
APiTS
APiTSの広告バナー

はじめての方へ
ホストワークをご利用の方へ
利用規約
プライバシーポリシー
求人広告掲載について
お問合せ
運営会社
有料掲載店ログイン