歌舞伎町の有名・カリスマホスト特集

「神7」「レジェンド7」と呼ばれるホストを中心に、歌舞伎町ホスト業界にその名を響かせるカリスマホストを紹介します。
※各項目内は源氏名の50音順
※すでに引退しているホストも含まれます。 最終更新日:2022-12-08


このエントリーをはてなブックマークに追加

『神7』と呼ばれるカリスマホスト

ホスト動画サイト『ALL★STARS』(※現在は閉鎖)の企画で選出されたホストです。
企画内容はレジェンドメンバー7人とエントリーメンバー50名をシャッフルして行うトーク番組。
レジェンドメンバーの7人は後に『神7』と呼ばれるようになりました。

越前リョーマ(エチゼンリョーマ)

新宿歌舞伎町のカリスマホスト「越前リョーマ(エチゼンリョーマ)」
所属店
Dewl(デュール)
役職
Producer
カリスマポイント
ホストの神
グループ売上・指名No.1(9年連続)
グループ最高売上記録保持者
各種ブランドモデル
指名本数V100

エピソード・解説

ホストは他の仕事に比べて成功するまでに要する時間は短いです。
人によっては1年程度で大きな成功を収めることができますが、それを維持するのは簡単ではありません。
上記の記録の数々を見てもらえればわかりますが、越前リョーマは誰よりも頂点に立ち続けているホストです。

カリスマホストのデビューは大学2年生の頃。
通っていた大学から近い埼玉のホストクラブで週3〜4日のバイトとして働いていました。
規模の小さいお店だったためにこの頃からすでにNo.1を獲得できていました。
状況が変わったのが3年生の頃。
大学の校舎が都内に移転となり、働くホストクラブも歌舞伎町に変わりました。
ホストクラブの本場である歌舞伎町では以前の埼玉の店のように簡単にはNo.1は獲得できません。
同期のホストが自分が休んでいる間にお客様を獲得していることを知ってからは出勤が増え、いつの間にか週6日のレギュラー勤務となっていました。

No.1へのこだわりは子供のころから潜在的にあったようです。
ヒーロー物で好きなるのは決まってリーダー的存在で一番強い「赤」であり、勉強で得た知識でも忘れずに覚えるのは「世界No.1の○○」のこと。
自身がNo.1になる快感を味わったのは小学校2年生の頃。
マラソン大会で前年6位だった悔しさを翌年に自身の力のみで勝ち取ったときです。
この経験が頂点に立ち続ける彼の原動力になっているようです。

恵まれたルックスに目が行きがちですが、指名をもらうためのきっかけ作りとしてテーブルの「アイス交換」を積極的に行ったり、営業後に自分用のノートへの記録を怠らなかったりと目標を達成するための継続的な努力を続けているホストです。
彼のモットーは書籍『成功したいなら誰かの「推し」になれ』(光文社)にまとめられています。

関連・系列店舗

緑賀 希蓮(エンガキレン)

新宿歌舞伎町のカリスマホスト「緑賀 希蓮(エンガキレン)」
所属店
ALL -BLACK-(オールブラック)
役職
支配人(在籍時)
現在は美容商品会社 社長
カリスマポイント
「会えるアイドル」としてメディアに多数出演
ALL BLACKの元支配人
起業家に転身
Instagram「美容大臣」2.3万フォロワー

エピソード・解説

「会えるアイドル」のキャッチフレーズでたくさんのメディアに取り上げられたカリスマホストと言えば、緑賀希蓮を思い浮かべる人も多いでしょう。
彼のカリスマなところはずばり「自己ブランディング」
自分を商品にするホスト業界で、相手にどのように見せたいかを考える能力がとても高い人物でした。

そんなカリスマ性を持つ彼もホストを始めた動機は「女性にモテたいから」と平凡なものでした。
2010年頃に大阪の「Ai-For-You」で「希蓮」としてホストデビューします。その後、半年もたたないうちに「縁賀希蓮」に改名しています。
新人当時、「ホスアベ/ホストワーク」のyoutubeインタビューに「ホストが楽しい」と話していました。
ホストは楽しく働ける天職だと感じていたのです。

その後、2015年12月に東京へ進出して「AIR グループ」の「ALL WHITE」に電撃入店。ホスト業界、特に歌舞伎町で大きな話題となりました。

自ら飛び込んだホストの激戦区「歌舞伎町」で生き残るために試行錯誤した結果、彼は「会えるアイドル」というキャッチーな自己ブランドを生み出しました。
「アイドル」的な存在としての立ち位置を確立するため、周囲からの注目を集めるために自らの写真集を出版するなど「会えるアイドル像」を徐々に作り上げていったのです。
2015〜2016年の間に日テレ等、多数のメディアに出演して知名度はさらにアップしました。そして2017年7月に同系列ホストクラブ「ALL BLACK」の支配人に昇格。名実ともにカリスマホストの地位を築きました。そういった中、2018年3月に彼はホスト業界を引退します。

現在はInstagramで「森翔太 美容大臣)」というアカウントにて彼の活躍を見ることができます。
引退後は6月に結婚報告、そして8月には化粧商品等の複数事業をする会社「CHRISTINA JAPAN(クリスティーナジャパン)」を設立しました。
Instagramでは、「会えるアイドルの縁賀希蓮」というブランドから「美容業界の経営者」として新たなブランドイメージを生み出しています。

ホストの平均勤続年数は約8年から15年と比較的短いもの。引退した後に新しい世界に飛び込む人はたくさんいます。
ホストの経験は他の仕事で役に立たないと思われがちですが、そんなことはありません。
引退後もホストとして積み上げてきた対人能力や自己ブランディング力でしっかり活躍できることを彼は証明してくれているのです。

関連・系列店舗

櫻遊志(サクラユウシ)

新宿歌舞伎町のカリスマホスト「櫻遊志(サクラユウシ)」
所属店
SENSE TOKYO BY ACQUA(センストーキョーバイアクア)
役職
社長
カリスマポイント
新しいホストの概念「ネオホスト」の代名詞的存在
ホスト界のファッションリーダー

エピソード・解説

歌舞伎町のみならず、ホストクラブ業界で注目されているホストの1人です。

酒は飲まず、髪を盛らず、オシャレで清潔。
今までのホストとは異なる、新世代のホスト像「ネオホスト」は彼のための名称と言っても過言ではありません。

カッコよさにこだわりの強い人。
そのこだわりは同じお店で働く従業員、時にはホスト業界全体にも向けられ、より洗練された男になる為のアドバイスを発信しています。

ホストとしての弱点であるお酒の弱さを自分磨き・接客スキル向上で克服し、元々好きだったファッションをさらに突き詰めることで自分だけのカラーを演出。
今では唯一無二の存在になるほどまでになりました。

ファッションだけではなく、肉体を鍛えることにも貪欲。
ホスト業界で行われた格闘技イベントではその肉体を披露すると共に勝利を収めてその力強さもアピールしていました。

2021年夏に衝撃的な展開!
櫻遊志が率いるSENSE TOKYOが歌舞伎町の大手グループ『ACQUA(アクア)グループ』とコラボ開始!
経緯は不明ですが、また新たなムーブメントが歌舞伎町に巻き起こりそうです。

2022年には『ACQUAグループ』の地方展開にExecutive Adviserとして参加しているようです。

関連・系列店舗

関連特集

渋谷奈槻(シブヤナツキ)

新宿歌舞伎町のカリスマホスト「渋谷奈槻(シブヤナツキ)」
所属店
FUYUTSUKI -PARTY-(フユツキパーティ)
役職
社長
カリスマポイント
月間売上1億オーバー
年間売上3億オーバー

エピソード・解説

愛称は「しぶなつ」
近年で「最も稼いだホスト」と呼んで問題ないカリスマホストです。

ルックスを見て納得する人も多いですが、ホストを始めた当初は店内でも売上が低いグループに分けられるなど最初から全てが上手くいっていたわけではありません。
美しく・可愛げのある顔立ちに182cmの高身長と恵まれたルックスを持ってはいましたが、それだけではいつか限界がやっている。
彼は常に自分を追い込み続けることで過去の自分自身を越える成長を遂げてきました。
見た目とギャップのあるハングリー精神を持った努力家のホストです。

2019年より歌舞伎町の大手ホストグループ「冬月グループ」の社長に就任。
歌舞伎町のみならず、関西エリアまでも拡大を続ける冬月グループを率いる社長としての仕事が忙しそうですが現役プレイヤーとしても活躍中です。

渚光(ナギサヒカル)

新宿歌舞伎町のカリスマホスト「渚光(ナギサヒカル)」
所属店
愛本店(アイホンテン)
役職
EXECUTIVE PLAYER
カリスマポイント
AIRグループ歴代最高売上記録更新
AIRグループ月間最高売り上げ約3500万円(2013年)
3年連続1億プレーヤー
年間指名本数1000本オーバー
ポケモンGO バトル勝利数日本記録/世界ランキング9位

エピソード・解説

ホスト業界で名前を知らない人はいないほど有名な渚光。
181pという高身長でスタイル抜群と高いポテンシャルを持ち、大手ホストクラブ「AIR グループ」の「AIR」や「AVA」に所属していたホスト業界の神7に入る一流カリスマホストです。

彼がカリスマな点は何事にもストイックに向き合うといった内面にとても熱い意志を持っていることです。「AIR」時代のブログで「妥当は向いていないみたいです。おれはよく失敗するから。」「毎日毎日逃げたい事から逃げなかったからかな。逃げるのは誰でもできるから」と強いメッセージを綴っていました。
実際、それは売り上げにも出ており、2013年11月には月間売上3500万円を達成し、当時の「AIRグループ」の記録を更新しました。また同年はグループ内の年間売上歴代最高記録も更新して、留まることを知らない経歴の数々を持っています。指名本数も当時は1000本を超えていたとか…。
(年間240本程度の指名があればホストとして一人前だと言われています)

その後、ライバルグループの「groupdandy」に移籍したことで、業界内では大きな話題を生みました。噂話や憶測が飛び交いましたが、理由については今も明らかにされていません。
現在は、ホストクラブ老舗「愛本店」に所属しています。昔ながらの「THE ホスト」をコンセプトにしたお店なので、彼の個性が発揮できるお店と言えるでしょう。
「AIRグループ時代」とは違って月に2〜3回程度の出勤となっており、SNSなどで出勤情報をチェックしないとなかなか会えません。お店の中でも貴重な存在になっているようです。

現在の渚光には源氏名以外にももう一つの名前があります。それは「ナギピカ」。これは「ポケモンGO」と「ホスト」の話を9:1の割合で配信している渚さんのYouTuber名です。2017年に「ポケモンGO」と出会ってからものすごい勢いでのめり込み、2019年にはyoutubeチャンネルを開設するほどに。現在の登録者数は7700人です。
さらにすごいのは「ポケモンGO」でもバトル勝利数の日本記録を樹立するといった実力者に登りつめていることです。「ポケモンGO」のためにわざわざシンガポールまで行ったエピソードもあり、こちらでも全く妥協はしていない様子です。
ホスト業界でしっかり稼いで、その後はやりたいことに全力で取り組める生活。カリスマホストだからできる「第二の人生」を過ごす渚光には憧れずにはいられません。

関連・系列店舗

蓮士(レンジ)

新宿歌舞伎町のカリスマホスト「蓮士(レンジ)」
所属店
RESISTANCE(レジスタンス)
役職
代表取締役社長
カリスマポイント
歌舞伎町歴代トップの月間売上(当時)
5年連続「億の男」

エピソード・解説

ジャニーズの某グループのメンバーにルックスが激似という点でも注目を集めた有名ホスト。

ホストになったきっかけはSINCE YOU...本店の社長に声をかけてもらったこと。
元々はホストに対して良いイメージがなかったものの熱い説得でホストの世界に入ることになりました。

ルックスがアイドル並み、素直な性格、お客様との出会い1つ1つを大切にする営業スタイルであっという間にNo.1を獲得。
一年後には幹部昇格、そして3年後に代表に就任するまでに成長しています。

この時点でも有名ホストの仲間入りを果たしていますが、さらにその名をとどろかせたのが月間売上5000万を達成したこと。
当時の歌舞伎町ホスト業界では堂々のトップ。
その上、1年間毎月売上1000万突破という偉業も達成。
売上に関して彼の右に出るものはいないとさえ言われています。

「目標がないのが悩み」という彼は自身に追いつき、追い抜こうとする新しいホストを待っています。

現在はSINCE YOU... GROUP内のホストクラブのプロデュースを担当。
彼の手腕にかかれば貴方も売れっ子ホストにいち早くなれるかも。

関連・系列店舗

関連特集

ROLAND(ローランド)

新宿歌舞伎町のカリスマホスト「ROLAND(ローランド)」
所属店
THE CLUB(ザクラブ)
役職
社長
カリスマポイント
圧倒的ナルシスト
結果を残すビッグマウス
数々の明言・金言
ホスト業界を超えたマルチな活躍

エピソード・解説

現代ホスト界の帝王とも称されるカリスマホスト。
たった数年で業界内の知名度を爆上げし、一気にトップクラスへ。
最終的にはホストの枠組みを超えて一人のタレント・経営者として活躍中です。

2013年に歌舞伎町の大手ホストグループ『KG-produce(ケージープロデュース)』の「PLATINA -本店-」移籍した後から徐々にその知名度を上げていきました。
当時の源氏名は「東城 誠さま」。
ビッグマウス&俺様的な接客でありながら多くのお客様を魅了する姿はまさにカリスマ。
但し、全てが順調だったわけではなく、トークでは負けていないのにルックスが少し劣っているだけでトップに立てないジレンマを解消するために整形手術を行っています。
※整形はカミングアウトどころか、施術を担当したクリニックに前後の写真が掲載されているほどオープンです。

次第にメディアからの注目が集まり、取材が殺到。
バラエティ番組やホスト業界に密着した番組はもちろんのこと、某有名刑事ドラマに出演もしました。

彼が放つ印象的なフレーズは「ローランド語録」として注目を集めました。
「ホスト業界で自分を知らないのは勉強不足」、「ホストをやるために生まれたんじゃなく、自分にホストをやってもらうために業界が誕生した」など。
彼の生き方や美学をまとめた書籍の発売や、ホスト業界では(おそらく)初となる個人の展覧会が開催され人気を博しました。

本業であるホストの仕事は「PLATINA -本店-」を卒業後に自身のお店「THE CLUB」を2019年に開店。
業界内でも最も注目を集める店舗として、数多くの優秀なホストたちと業界に新風を巻き起こしました。
しかし、2020年の新型コロナウィルスの感染拡大防止としての営業自粛の影響もあり、閉店を決断。
但し、一部の情報では移転予定であった物件の家賃は継続して支払っているようでコロナ収束後には再度オープンするとの噂もあります。

最近になって源氏名であるローランドの由来が漫画『帝一の國』のキャラクターである氷室ローランドだったことが明かされました。

関連・系列店舗

その他の歌舞伎町のカリスマホスト

歌舞伎町のホスト業界にはまだまだ紹介したいカリスマホストがたくさんいます。
「ホストクラブの父」を始め、業界の歴史にその名を刻むカリスマを要チェック!

愛田武(アイダタケシ)

新宿歌舞伎町のカリスマホスト「愛田武(アイダタケシ)」
所属店
愛本店(アイホンテン)
役職
名誉会長
カリスマポイント
現在のホストクラブの仕組みを作り上げた
歌舞伎町ホストクラブ協力会初代会長

エピソード・解説

ホストクラブの歴史を語る上で絶対に外せない超重要人物。
※故人。

ホストクラブの前身は女性のためのダンスホール。
講師がサロンスペースで女性と歓談するというものでした。
給料システムは現在のホストと比べて悪く、基本給無し、指名料のほかはわずかなチップ・ヘルプバックのみで生計を立てなくてはいけない上に毎週場代(フロアの使用料のようなもの)を支払えないと解雇されるという厳しいもの。

その仕組みを改善し、現在のホストクラブの基礎を造り出したのが彼です。
その功績からホストクラブの父とも呼ばれています。

ユニークなキャラクターからメディアへの出演も多くホストの代名詞的存在になりました。
その他、彼自身の半生が映画化されたり、奥さんの自伝がテレビドラマ化されたりとその影響力はホストクラブ業界を超えて広く及んでいました。

関連・系列店舗

粟屋 麦(アワヤムギ)

新宿歌舞伎町のカリスマホスト「粟屋 麦(アワヤムギ)」
所属店
ANARCHY(アナーキー)
カリスマポイント
ホスト1年目から年間売上1億円オーバー
ホスト業界をにぎわせた電撃移籍

エピソード・解説

新人ホストは稼げない?
そんなイメージを払拭する活躍を果たしたのが彼です。
歌舞伎町の某大手グループの系列店という恵まれた環境ではありますが、ホスト歴1年の新人が達成した年間売上記録は1億円。
歌舞伎町のホスト業界に大きな衝撃を与えました。

その後、成績優秀者を表彰するイベントに出席。
列席したグループ内のホストに「自分を負かしにきてください」との挑発的なコメントもあり、今後の更なる活躍を多くの人が期待しました。
その矢先に移籍の話が持ち上がります。
移籍先はこれまた歌舞伎町の大手グループである「グループダンディ」。
移籍は現実のものとなり、新たな店舗で1からのスタートを切ることになりました。

新人時代から1億を売る実力派。
あっという間に主任⇒総支配人と出世していきました。

2022年、彼のSNSにて在籍店を「クビ」になったとの衝撃の報告がありました。
それ以上の詳細は語られることはありませんでしたが、新しい環境にチャレンジすることの大切さについてたびたびコメントしています。
自身の持つ可能性を新しい環境で試したかったのかもしれません。

移籍先の店舗である『エルズコレクション』の「金夜叉 〜ZERO〜」のオープンまでの充電期間中に整形を行ってダウンタイムを過す日々が続きました。
痛々しい顔面をSNS上にアップすることで新たなファンを生み出しています。
新人時代から続く年間売上1億オーバーを途絶えさせないため、新しい環境でチャレンジを続けています。

2022年中にこちらもカリスマホストの「鳳帝(オオトリミカド)」が率いる『Group Anarchy(グループアナーキー)』にさらに移籍。
この移籍は最初から一時的なもののようで、2023年1月には自らがプロデュースする新店オープンを控えています。

関連・系列店舗

関連特集

Uru(ウル)

新宿歌舞伎町のカリスマホスト「Uru(ウル)」
所属店
1LY by ACQUA(イリーバイアクア)
役職
Executive Player
カリスマポイント
年間売上1億6千万円オーバー
素顔を見せないマスク接客で売上トップ
会える2.5次元VTuber「豺牙うる」としても活動

エピソード・解説

アニメやゲームの世界から飛び出してきたような超絶的ルックスのホスト。
それは整形によって手に入れたものです。

ホストの仕事を始めたきっかけは承認欲求を満たすため
小学生時代に苛められていた経験から次第に「人から認められたい」と強く願うようになり、それを叶える為にホスト業界へ。

整形は元々ルックスに対するコンプレックスがあったために希望していましたが金銭面から断念。
しかし、ホストの仕事を始めて稼げるようになると次第に現実的に。
ついに韓国で整形手術を行いました。

2つのコンプレックス・願望をホストとして働くことで叶えたのです。

マスクを外さない理由はいくつかあるようです。
1つはダウンタイム中(整形後の腫れなどが引くまでの時間)であること、もう1つは自身にとって現在のルックスが100%完璧なものではないこと。
今後、彼が接客中にマスクを外す日は来るのか…要注目です。

マスクによって表情が見えないことは接客業において圧倒的に不利。
だからこそ彼は「言葉」を大切にした接客を心掛けています。
その接客は多くのお客様の心を掴み、歌舞伎町の大手ホストクラブグループである「アクアグループ」の売上最高記録を達成するに至りました。

2022年、源氏名を「Pay」から変更して再始動しました。
ほとんどホストとして活動していなかった2年間でお客様との関係は全て自然消滅。
1億円プレイヤーのカリスマホストが一番下っ端の「掃除組」から再起を図ります

関連・系列店舗

関連特集

桐生(キリュウ)

新宿歌舞伎町のカリスマホスト「桐生(キリュウ)」
所属店
レジェンド愛Neo(レジェンドアイネオ)
役職
代表取締役社長
カリスマポイント
老舗ホストクラブ『愛本店』のレジェンド
引退〜復活後に売上記録達成
かにぱんおじさん
年間売上2億4000万

エピソード・解説

老舗ホストクラブ『愛本店』で中心的な存在として活躍しましたが、引退。
そのままホストクラブ業界とは別の道に進むのかと思いきや、新しい時代の幕開け「令和元年」にホストとして復活しました。

復活の舞台はもちろん元の所属店である『愛本店』。
相談役に就任しましたが、現役プレイヤーとしても続行。
ブランクを感じさせない接客とお客様への求心力はさすがカリスマ。
月間売上5000万円オーバーを2ヶ月連続で成し遂げる快挙を達成しました。
若手のホストを叱咤激励するには少々派手すぎる売上です(笑)。
最終的に2億4000万を超える売上に到達し、40歳を超えてから自身の売上記録(当時の歌舞伎町の売上記録も)を塗り替えました

見た目とは裏腹に、かにぱん(かにの形をした子供向けのパン)が大好物。
『愛本店』のフードメニューにかにぱんを追加させたり、バースデーにシャンパンタワーならぬ、かにぱんタワーを建てたりとその愛の深さは計り知れません。
SNSでもかにぱんおじさんとしてかにぱんの魅力を発信しています。

2020年、遂に独立。
愛本店の有志ホストと共に会員制社交ダンスクラブ『レジェンド愛』をオープン。
古き良き大人の社交場として現代のホストクラブとは一味違った魅力を提供しています。
そして、2021年に満を持してホストクラブ『レジェンド愛Neo』をオープン(5月予定)。
彼の伝説を継承し、次世代を担うやる気に満ち溢れたホストを大募集中。

関連・系列店舗

桐生レイラ(キリュウレイラ)

新宿歌舞伎町のカリスマホスト「桐生レイラ(キリュウレイラ)」
所属店
RHYTHM(リズム)
役職
代表取締役社長
カリスマポイント
ハーフ系ホストのパイオニア
モデル活動などホスト以外の分野での高い知名度

エピソード・解説

関東の大手ホストクラブグループ『AIRグループ』の中でも人気の高いALL BLACKの代表を務めていたホスト。

日本人離れしたルックスが印象的ですが、理由は簡単、ハーフだからです。
しかも、フランスとブラジルという美と情熱のエッセンスを組み合わせたいいとこ取り。

彼がホストを始める以前にハーフのホストがいなかったわけではないでしょう。
しかし、彼ほどのルックス・実力・カリスマ性を持ち活躍したハーフホストはいないでしょう。

幼少期をフランス・ブラジルで過ごした彼は10代の頃日本にやってきました。
言葉の壁はありましたが努力で克服、ルックスはやはり飛びぬけていたので読者モデルとして活躍し、その後はホストの世界へ。

売上Noは常に上位で、グループで結成した音楽グループにも所属、テレビ出演、雑誌モデルとして活躍することで知名度はさらにアップ。
お店の代表を任されるまでになりました。

現在は2019年に新規オープンした「RHYTHM」を率いる責任者として活躍しています。

関連・系列店舗

黒崎剣(クロサキケン)

新宿歌舞伎町のカリスマホスト「黒崎剣(クロサキケン)」
所属店
BLACK SWORD(ブラックソード)
役職
CEO
カリスマポイント
モデル、タレント、経営者などマルチな活動
月間売上4300万円
年間売上1億6000万

エピソード・解説

大学在学中(法学部)にホストの世界へ。
新人時代は学業との両立が難しかったようで一時休学してしまいました。
しかし、徐々にその実力を発揮して年間1億円プレイヤーにまで成長。
仕事が安定するようになった後には学業にも復帰して無事卒業を果たしています。

その後はホストとして全日本ホストグランプリの関東ブロック優勝、ホスト業以外ではファッション誌のモデルを行うなど活躍しました。
そして、ついに独立し店舗をオープン。

ホストクラブの運営は彼の経営者としての活動の一部に過ぎません。
その他に、美容関係、不動産、コンサルタント業など多方面で活躍しているのです。
また、自身も参加しているダンスヴォーカルユニットのプロデュースし2017年にデビューさせています。(※メンバーはBLACK SWORDのホスト)

ホストの独立後の理想・成功例と言っても過言でない活躍をしている人です。

現在は歌舞伎町ホストクラブグループ『L's collection』に参画して「club HERO」のCEOとしても活躍しています。

関連・系列店舗

関連特集

カリスマホストとしての第一歩を踏み出そう!

カリスマホストへの道は入店から。
数あるホストクラブの中から最良のお店を探しましょう。

ほとんどのお店は体験入店が出来ます。
ホスト仕事を気軽に体験出来ますので気軽に問合せてみましょう。

勤務地検索※条件の絞込みなし
歌舞伎町のホストクラブ求人を職種で絞り込む
歌舞伎町のホストクラブ求人を待遇で絞り込む
ホスト求人サイト「ホストワーク」の広告掲載の案内
エルコレ・Latte
エルコレ・Latte
CURE
CURE
SEQUENCE
SEQUENCE
GARDEN-HonteN
GARDEN-HonteN
Laguna
Laguna
Merci
Merci
ACQUA
ACQUA
BLACK SWORD
BLACK SWORD
TOP DANDY
TOP DANDY
BOND
BOND
GARDEN by ACQUA -#Noise-
GARDEN by ACQUA -#Noise-
Masquerade by ACQUA
Masquerade by ACQUA
∞-Eight-
∞-Eight-
Cruise
Cruise
alpha
alpha
Arond
Arond
AWAKE
AWAKE
KNIGHT
KNIGHT
KING
KING
Majesty
Majesty
AbsoL
AbsoL
TRIDENT
TRIDENT
APiTS
APiTS
SENSE TOKYO BY ACQUA
SENSE TOKYO BY ACQUA

はじめての方へ
ホストワークをご利用の方へ
利用規約
プライバシーポリシー
求人広告掲載について
お問合せ
運営会社
有料掲載店ログイン