ホストの仕事は辞められないってウソ?ホント?

ホストの仕事は辞められないってウソ?ホント?

ホストはなかなか辞められないイメージがありますが、実際はどうですか?

「辞められない」と言うのはホスト業界に根深く残っている悪いイメージですね。
数十年前ならいざ知らず、現在のホスト業界では辞められないなんてことはありません。
みな、各々のタイミングでホストの仕事を辞めて新たな人生を歩んでいますよ。

但し、辞める際に注意しておきたい点があります。
以下にまとめました。

辞める意思は事前にちゃんと伝える

大前提です。
何の連絡もなく、いきなり出勤せずにそのまま辞めてしまうのはトラブルの元です。
※業界用語で「飛ぶ」と言います。

誰に伝える?

意思を伝える相手ですが、お店の責任者のホスト(代表・社長)がいればその人たちに。
責任者のホストがあまりお店に出勤しない場合は、その他で一番役職が上のホストか内勤スタッフに伝えましょう。
とにかく、勝手に・無断で辞めたと思われないようにしましょう。

伝えるタイミングは?

伝えるタイミングは出来るだけ早く。
可能なら辞める2週間前には伝えたいところです。
このあたりは通常のバイトのルールに則ったほうが良いですが、絶対ではありません。

売り掛けは清算してから辞める

売り掛けとは未払いとなっているお客様の飲食代のこと。
基本的にお金の回収は担当ホストの仕事です。
お金が貰えない場合はホストが立て替える必要があります。

お客様との信頼関係がまだ十分でない時に売上が欲しいからと言って安易に売り掛けをしないほうが良いです。
辞める・辞めないに関わらず、後々大きな負担になってしまう可能性が高いからです。

移籍する場合は冷却期間を設ける

単に辞めるのではなく、他店への移籍を検討している場合は少し間隔を空けたほうが良いでしょう。
辞めた翌日に移籍先のお店で「電撃移籍!」などと大々的に宣伝されていたら元のお店の人たちは感情的になってしまいます。
もちろん、法律上の規制等はないので自由なのですが、いらぬトラブルを招く可能性があるので注意しましょう。
どうしてもすぐに移籍先で働きたい場合は、移籍トラブルへの対処をする部署があるホストクラブを選びましょう。

瞬間的な感情に流されないようにする

ホストに限らず、どんな仕事でも瞬間的に辞めたいと思うときはあるものです。
その感覚に素直に従うのも間違いではありませんが、少し自分自身と相談する時間を設けたほうが良い場合もあります。

辛いとき、しんどいときは自分自身を成長させるチャンスでもあります。
無事に乗越えられれば、より大きな利益を得ることができるかもしれません。
ホストは一生続けられるタイプの仕事ではありませんので、いつかは円満退社(引退)のときが来ます。
数々の困難を乗越えてそこにたどり着いたのならば、第2の人生の選択肢は大きく広がっているでしょう。
また、ホストの仕事を続けて得たスキルはホストの仕事を離れた際にも少なからず役に立ちます。

まとめ

ホストの仕事は昔に比べると簡単に辞めれるようになっています。
但し、自分の都合だけを考えて周囲への配慮が欠けるとトラブルになることも。
「立つ鳥跡を濁さず」の精神を心掛けましょう。

『働き方・システム』カテゴリのQ&A

『働き方・システム』カテゴリの記事一覧

求人検索リスト

ホストの仕事に興味がある方は以下の条件検索リンクより実際の求人情報をご覧下さい。
※タブで関西、関東、東海、北海道・東北を切り替えられます。

  • 関西
  • 関東
  • 東海
  • 北海道・東北
DESTINY
DESTINYの広告バナー
ASH
ASHの広告バナー
FAITH
FAITHの広告バナー
CLUB VERSUS
CLUB VERSUSの広告バナー
PYRAMID
PYRAMIDの広告バナー
LION HEART
LION HEARTの広告バナー
CINDERELLA
CINDERELLAの広告バナー
TOPDANDY -OSAKA-
TOPDANDY -OSAKA-の広告バナー
club eve
club eveの広告バナー
Club goofee
Club goofeeの広告バナー
CLEVER
CLEVERの広告バナー
AMBIENT
AMBIENTの広告バナー

はじめての方へ
ホストワークをご利用の方へ
利用規約
プライバシーポリシー
求人広告掲載について
お問合せ
運営会社
有料掲載店ログイン

運営スタッフ募集