副業や掛け持ちバイトでホストを始める前に

副業や掛け持ちバイトとしてホストの仕事を検討している皆さん。
求人情報を探し始める前に知っておくことをオススメする8つのことがあります。
お時間がありましたらぜひ一読下さい。

時間がない方やすぐにでも求人を探したい方は下記の検索リンクをご利用下さい。
ホストワーク内の求人情報の中から副業・掛け持ちバイトが可能な求人情報のみを参照できます。 最終更新日:2020-06-26


その1 ホストクラブの営業時間について

副業ホストとして働く時間について

副業・掛け持ちバイトとしてホストの仕事を始める前に営業時間について知っておくと便利です。
なぜなら、ホストクラブは限られた時間の中でしか営業していないからです。
本業との時間の都合でどうしても働けないケースがあるため、最初に知っておくと副業先を探す際に無駄な時間が省けます。
ホストクラブの営業時間は大きく分けて以下の2種類です。

1部営業
18時〜21頃に開店し、深夜24時(一部地域では25時)に閉店する営業時間帯です。
歌舞伎町のホストクラブのほとんどがこの時間帯に営業しています。
2部営業
朝方の午前6時に開店し、9時〜12時頃に閉店する営業時間帯です。
その営業時間帯から「朝ホスト」とも呼ばれています。
地域によってはこの時間帯で営業しているホストクラブしかない場合もあります。
歌舞伎町ではまだ数は少ないですが、徐々に増えています。
チェックポイント

歌舞伎町のホストクラブを副業・掛け持ちバイト先として考えた場合、その営業時間の偏りから「メインの仕事が昼勤務」の方におすすめです。
逆に夜勤をメインとして働いている方にとってはやや厳しいです。
朝ホストが今後どれだけ増えてくるかが鍵になってきそうです。

本業側の出勤時間の調整が比較的簡単な場合はそちらのシフトを調整してホストの仕事を始めるのもありです。
大学生の方は出席する講義の時間帯と照らし合わせて決めましょう。

その2 ホストクラブへの通勤について

ホストクラブへの通勤について

副業先のホストクラブの住所が本業の隣のビルだった…
そんなラッキーなことはそうそうありません。
お店まで通勤しなくてはなりません。
徒歩で通える範囲なら良いのですが、そうでない場合はホストの仕事と関連して少々面倒なことになってしまいます。

ホストは飲酒をする=自動車・バイク不可

ホストクラブはお酒を提供するお店です。
そのお酒はお客様だけのものではありません。
ほとんどの場合でホストも飲むことになります。

飲酒したホストは当然ながら、仕事終わりに自動車・バイクを運転して帰ることができません。
※歌舞伎町の有名ホスト「ローランド」のように飲酒しないホストであれば問題ありませんが…

自転車の場合は自動車・バイクとは飲酒運転に関する事情が少々異なりますが基本的には避けた方が無難です。
※正常な運転ができないほど酩酊している状態だと罰則が発生します。

電車の利用がオススメ、但し終電に注意

ホストの副業で飲酒した後の帰宅問題をクリアできるのは電車。
歌舞伎町は特にそうですが、ホストクラブの多くは繁華街・歓楽街の中心で営業しているので基本的に交通の便は良いです。
駅までの距離が比較的近く、徒歩数分でアクセスできることが多いでしょう。
安全・安心に帰宅するには電車がオススメです。

最適な帰宅方法である電車ですが、終電の問題があります。
24時前後になると最終電車が過ぎてしまいます。
歌舞伎町のホストクラブは前述のように1部営業(24時頃まで営業)が多いので、ちょっと早めに仕事を終わらせてもらえれば問題なく帰れます。
面接時に事情を話してシフトを調整してもらいましょう。
終電帰りができるホストクラブの求人情報は下記のリンク先から探せます。

終電を逃してしまったら…

終電に間に合わなかった場合は、24時間営業のネットカフェ・漫画喫茶・ファーストフード店・ファミレス等で始発まで待つことになります。
少なからずお金がかかりますし、店によってはさほど快適とは言えません。
まともに睡眠を取れないと本業の仕事に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

お店によっては始発までの時間を店内で過すことを許可してくれる場合があります。
※業界用語で「店泊(てんぱく)」と呼びます。
但し、それが日常化すると問題視されますし、誰でもOKとは限りません(セキュリティ上の問題)。
最後の最後の手段として考えておきましょう。

余談ですが、専業ホストならばお店の近くのを利用することでもこの問題に対処できます。
副業・バイトホストには利用できない場合が多いですが、寮費を納めれば許可される可能性はあります。
面接時に確認してみると良いでしょう。

チェックポイント

ホストの副業・掛け持ちバイトをする場合はお店の位置を知り、通勤について考えることも重要です。
本業先とホストクラブを直接行き来するのか、一旦家に帰るのか。
2つの場所を移動する手段は何があるのか。
意外と盲点になりやすいことなので事前にチェックしておきましょう。

その3 ホストには時に時間外の仕事がある

ホストには時に時間外の仕事がある

ホストの仕事にも予め決められた就業時間があります。
但し、事情によってはその前後にも仕事が発生します。
通常の仕事における「残業」とはちょっと意味合いが異なりますが違いますが、以下の2つがあります。

同伴(どうはん)
就業時間の前に発生する仕事です。
ホストクラブの開店前にお客様とデートをすることを同伴と呼びます。
何をするのも自由ですが、最終的には自分が働くホストクラブに向かい、通常の接客を行います。
自分を確実に指名してくれるお客様を呼べるので売上アップに繋がる大きなメリットがあります。
時間外の仕事ではありますが、収入に直結するので可能な範囲で積極的に行うことをオススメします。
アフター
就業時間の後に発生する仕事です。
閉店後に遊び足りないお客様と店外でデートをすることをアフターと呼びます。
同伴に比べると直接的な収入(自身の売上)にはなりませんが、次回の来店に繋がる可能性があります。
但し、中にはアフターを利用することで安くホストと遊ぼうと考えているお客様がいたり、肉体関係を目当てに積極的にアプローチしてくるお客様がいたりもします。
状況によっては拒否するほうが得策の場合もあります。
チェックポイント

ホストの世界での時間外の仕事はお客様と楽しい時間を過すこと。
残業のようなネガティブなものではありません。
副業・掛け持ちで働く人にとってはスケジュール管理が大変ですがお客様との良好な関係を築ければ収入アップも狙えます。
基本的にこれらは強制ではありませんのでやるか・やらないかは自身で判断しましょう。

その4 ホスト業界内での副業・掛け持ちはできない

ホスト業界内での副業・掛け持ちはできない

通常の副業にも適用されるルールですが、同業他社で働くことは基本的に禁止されています。
掛け持ちのバイトに限って言えば少々ルールは緩い場合もありますが、ホスト業界ではやはり禁止。
2店舗のホストクラブ両方で働くことはできないのです。

なぜ禁止なのか?

理由の1つは情報漏洩を防ぐため。
直接的にライバル関係に無くとも、社内の情報が他社に漏れるのは避けたいもの。
実際にペラペラ話す人は稀ですが、本業の会社側にとっては禁止したいと考えるには十分な理由です。
ホストクラブにおいては店内の情報だけでなく、お客様の情報も大事です。

もう1つの理由はホスト業界特有のもの。
お客様の奪い合いに発展してしまう可能性があるためです。
分かりやすく例を挙げましょう。

本業としてA店に勤めているホストBが、新規来店したCさんから指名を受けました。
しばらくはA店で遊んでいたのですが、ホストBD店でも働き始めました。
D店A店に比べてお酒の値段が安いので、Cさんは以後D店でしか遊ばなくなりました。

この例で損をしているのはA店だけです。
ホストBCさんの出会いの場となりましたが、途中からは全く利益を受けていません。
ホストクラブとは単なる場所であり、お客様が必要なのはホスト本人だけ。
そのホストと遊ぶなら少しでも安いお店の方が良い。
理屈ではわかりますが、これを容認してしまうと店舗同士だけでなく、店舗とホストの間にもトラブルが起こってしまいます。

チェックポイント

ホストの副業・掛け持ちバイトは、あくまでホスト以外の仕事をしていることが条件です。
無用なトラブルを避けるためルールは守りましょう。

その5 給料システムについて

副業・掛け持ちホストの給料システムについて

ホストの給料体系はお店ごとだけではなく、働き方によっても異なります。
副業・掛け持ちバイトのホストは就業時間にかなり自由が認められている反面、フルタイムで働く専属ホスト(レギュラーホスト)に比べるとやや劣ります。

具体的に言えば、
基本給とも呼べる最低保証給の額が低め
売上に対する給料額を算出する歩合率(バック)が少し低め
に設定されています。
※一部の店舗では副業・掛け持ちバイトには歩合給を設定せず、固定の給料(時給・日給)だけにしている場合もあります。

あくまで専業ホストに対して低いだけであって、普通の副業や掛け持ちバイトに比べれば稼ぎやすい仕事であることは変わりません。
仕事を続けて行き、ある程度稼げるようになったらホストの仕事を本業に切り替えるのもありでしょう。

チェックポイント

出勤日数・時間の多い専属ホストはやはり給料面で優遇されています。
副業・掛け持ちバイトのホストでも出勤日数や時間を増やすことで条件が良くなる場合もあります。

その6 あくまで副業・掛け持ちの仕事、無理は禁物

副業・掛け持ちホストの仕事に無理は禁物

副業や掛け持ちでバイトを行う場合、金銭面よりも注意すべきは健康。
本業のみの時に比べて就業時間が1.5〜2倍ほどに増えるため、必然的に休息時間が少なくなってしまいます。

ホストの仕事はお酒を多く飲みますし、店内を盛り上げるために声を張らなくてはならない場面もあります。
ガチガチの肉体労働に比べれば身体的な負担は少ないでしょうが、デスクワークなど事務作業に比べればやはり重労働。
お客様との会話も人によってはかなり気をつかって話さなくてはならないので精神的な疲れはあるでしょう。

チェックポイント

副業で体調を崩して本業に悪影響を与えるのは最悪のパターン。
自身の健康状態は常にチェックし、本業に悪影響が出ないようしましょう。
体調が良くない場合は無理をせずにホストの仕事を休むのが長く続けるコツです。

その7 確定申告について

副業・掛け持ちホストの確定申告

確定申告とは、自身の所得を申告して納税を行う手続きのこと。
サラリーマンの場合は基本的に会社が先払いの形で毎月源泉徴収を行い、年末調整で帳尻あわせを行っています。
副業・掛け持ちなど2箇所以上から所得を得ている場合は年末調整だけでは全ての所得を申告できていませんので、改めて確定申告が必要になります。
※厳密には年間20万以下の所得の場合は確定申告の必要がありませんが、ホストの仕事をすればほぼ確実に超えます。

確定申告は2月〜3月の間に〆切りが設けられています。
年末調整を終えた後に本業の所得と合算する形で行います。
ホストクラブが副業・掛け持ちホストに対してどういった名目でお金を支払っているかによって提出する書類が異なります。
通常のバイトのように給料として支払っている場合は本業と同様に源泉徴収票をもらいましょう。
フリーランス扱いで報酬として支払っている場合はその支払い証明書が必要です。

チェックポイント

確定申告は初めての方には少々ややこしいので、専門の解説サイトや近くの税理士に相談しましょう。

その8 会社にバレるパターンあれこれ

副業・掛け持ちホストの仕事は会社にバレないように

実は副業・掛け持ちでホストの仕事をしている…。
なかなか周囲にカミングアウトできるものではありません。
多くの人が秘密にしているホストの仕事ですが、バレない保証あはりません。
特に以下の点には注意が必要です。

住民税の額でバレる

ホストの仕事に限らず、副業がバレるパターンとして最も多いのが住民税の額の変化。
住民税は基本的に本業の会社が給料から天引きする仕組みになっています。
副業を行い、前述の確定申告を行うと住民税の計算式の元となる所得の額が上がるため住民税の額も上がります。
本業の経理担当者にしてみれば、会社が払っている給料額に対して高い住民税の通知が自治体から来るので他に別の収入を得ていると怪しまれるわけです。

住民税の額でバレないようにするには、その納付方法を変えなくてはなりません。
確定申告の際に提出する申告書の住民税に関する項目の「自分で納付(普通徴収)」にチェックを入れればOKです。
但し、副業先(ホストクラブ)が通常のバイトのように給与としてお金を払っていた場合、自治体によってはチェックを入れても本業の会社宛に2つの所得分を元に計算した住民税支払いの案内がいく場合があるようなので100%安心はできません。

知り合いが来店してバレる

レアなケースではありますが、想定しておきましょう。
※近い業種であるキャバクラや風俗店などでもたまに聞きます。
できるだけ知り合いの行動範囲内のホストクラブは避けておきましょう。

同伴・アフター時にバレる

上記の来店時に比べると人目につくのでバレる可能性は上がります。
しかし、一見しただけでは街中で女性とデートしているだけなので、すぐにホストの副業がバレる恐れは少ないです。
問題となるのは副業ホスト側に彼女や妻がいる場合。
慎重に立ち回らないと副業がバレる以上のトラブルに発展する恐れがあります。

パネル写真でバレる

ホストは基本的に宣伝用のパネル写真を撮影します。
店内でお客様がホストを選ぶ際のファイルに使ったり、HPや情報サイトに載せたりします。
特にネット上に公開されるHPや情報サイトは閲覧される機会が多いのでバレる可能性が高いです。
事前に頼めば店内以外の写真の公開はしなくても済みますのでお願いしておきましょう。
但し、お客様に対する自身の宣伝力が落ちてしまうため、指名客の獲得がスムーズに進まない可能性があります。

まとめ

以上、副業や掛け持ちバイトとしてホストの仕事を始める上で重要なことを8つ紹介しました。
昨今の社会情勢の変化から、本業の収入が減ってしまった方も多いでしょう。
ホストの仕事は短時間でも高収入を得やすい仕事です。
是非この機会に始めてみて下さい。

但し、全国のホストクラブが全て副業・掛け持ちバイトとしてのホストを募集しているわけではありません。
そんな時に便利なのがやはりホスト求人の専門サイト
ホストワークなら簡単に副業・掛け持ちバイト可能なホストクラブの求人情報が探せます。

ホスト求人サイト「ホストワーク」の広告掲載の案内
AMPERIAL
AMPERIALの広告バナー
エルコレ・Latte
エルコレ・Latteの広告バナー
#Noise by ACQUA
#Noise by ACQUAの広告バナー
TRIDENT
TRIDENTの広告バナー
ACQUA
ACQUAの広告バナー
KING
KINGの広告バナー
EsperiA
EsperiAの広告バナー
∞-Eight-
∞-Eight-の広告バナー
Cruise
Cruiseの広告バナー
club HERO
club HEROの広告バナー
alpha
alphaの広告バナー
R TOKYO
R TOKYOの広告バナー
ASPIRATION
ASPIRATIONの広告バナー
FANG
FANGの広告バナー
REGULUS
REGULUSの広告バナー
Majesty
Majestyの広告バナー
KNIGHT
KNIGHTの広告バナー
BLACK SWORD
BLACK SWORDの広告バナー

はじめての方へ
お問合せ
求人広告掲載について
ホストワークをご利用の方へ
有料掲載店ログイン