ホストになった理由・きっかけとは?

世の中にある様々な仕事の中からなぜホストの仕事を選んだのか?
その理由やきっかけを知るために先輩ホストの方々にアンケート調査を行いました。
回答の紹介のほか、良くある「ホストになったきっかけ」もまとめています。 最終更新日:2017-11-13


このエントリーをはてなブックマークに追加

ホストになったきっかけをアンケート調査

ホストになったきっけけを知りたいならやはりホスト自身に聞くしかない!
大阪のホストクラブで働くホストの皆さんにに協力していただきました。

大阪男塾(オオサカオトコジュク)
■地 域
大阪ミナミ
■業 種
ホストクラブ
■職 種
1. ホスト
2. 内勤ウェイター
3. 事務/WEBスタッフ
4. スカウト
■給 与
1:高率歩合MAX80%+各種賞金 ※保証給20万
2:日給7,000円〜+能力給
3:日給7,000円〜+能力給
4:時...
■名 前
綺羅 颯人
■ホストを始めたのは何歳の時で、今何年目ですか?
始めたのは20歳の時
今、1年目
■ホストの仕事を選んだのはどうして?
自分の頑張り次第で好きなだけ稼げる、最高な職業だからです!
■今のお店を選んだ理由・きっかけは?
従業員同士が仲が良かった事。
そして何よりお店自体が日本一という高い目標に向かっているのを見て一緒に働きたいと思ったからです。
■初めての面接はどんな感じでしたか?
凄く緊張していましたが、親切・丁寧に面接して下さり自分の納得がいくまで質問させてもらえたので、ちゃんとしている所なんだなと感じました!!
■ホストワークを見ている方へ一言
ホストという仕事は容姿やコミュニケーションスキルを磨け、更に稼ぐ事も出来る職業なので、迷っている方は是非男塾で一緒に働きましょう!!
>>「大阪男塾」の求人情報はこちら
CLEVER(クレバー)
■地 域
大阪ミナミ
■業 種
ホストクラブ
■職 種
1. ホスト
2. 店長/幹部候補
3. 内勤ウェイター
4. 事務/WEBスタッフ
5. その他
■給 与
※入店祝い金最大150,000円支給!!
経験者の方優遇します!!
未経験者の方大歓迎!!

1.ホストス...
■名 前
■ホストを始めたのは何歳の時で、今何年目ですか?
始めたのは19歳の時
今、1ヶ月目
■ホストの仕事を選んだのはどうして?
やっぱり1番はお金を稼ぎたかったからです。
また、ホストという職業は華やかなイメージがあり、カッコいいと思ったからです。
■今のお店を選んだ理由・きっかけは?
オーナーやMeiさん、先輩方にクレバーでどれだけ稼げるのか、そしてクレバーというお店がこれからどれだけ大きくなるのかを聞いて決めました。
■初めての面接はどんな感じでしたか?
ホストという職業に最初は怖いというイメージもありましたが、体験にいってみると優しい先輩方ばかりで安心した記憶があります。
1ヶ月ほど働いてみた今もそれは変わりません。
■ホストワークを見ている方へ一言
ホストは怖くて危ないというイメージもあるかもしれませんが、実際そんなことは全くありません。しっかりと自分に合うお店か合わないお店かを見極めて入店しましょう。
P.S.クラブ クレバーは本当に良い先輩ばかりで楽しく稼げますよ♪
>>「CLEVER」の求人情報はこちら
abilityclub SPADE(アビリティクラブ スペード)
■地 域
大阪ミナミ
■業 種
ホストクラブ
■職 種
1. ホスト
2. 店長/幹部候補
3. 内勤ウェイター
■給 与
(1)ホスト
売上最高歩合90%バック・各種賞金
(2)チーフ
月給 35万円〜
(3)内勤
月給 25万...
■名 前
華神 桜
■ホストを始めたのは何歳の時で、今何年目ですか?
始めたのは22歳の時
今、1年目
■ホストの仕事を選んだのはどうして?
日本で男に生まれた以上、一番気になる職業だったから!
■今のお店を選んだ理由・きっかけは?
「とりあえず3ヶ月やってみ!」と言われたから!
■初めての面接はどんな感じでしたか?
緊張したけど、僕の担当の人が、わかりやすく何でも教えてくれて、馴染みやすかった!
■ホストワークを見ている方へ一言
このサイトを見ているって事はホストに興味があるって事だから、まずは1ヶ月だけでも、今の自分より1歩前に踏み出してみませんか!?
>>「abilityclub SPADE」の求人情報はこちら

良くある「ホストになったきっかけ」

良くある「ホストになったきっかけ」

ホストワークでは今回の特集以外にも様々な形でホストの方々にアンケート調査を行っています。
その過程で得たホストになったきっかけについての回答から、良くある「ホストになったきっかけ」を以下にまとめました。
※別の特集記事として「ホストになる人の特徴」をまとめています。こちらも参考にどうぞ。

お金のため、稼げるから

上記のアンケートでも何人かのホストが回答しています。
ホスト=金
誰もが最初に想像するであろう、分りやすくストレートな理由です。
全てのホストが稼げるわけではありませんが、トップクラスは年収で数千万〜数億円もの大金を稼げます。

将来の夢を叶えるため

自身の人生計画・将来設計がすでにある人がお金(資金)・人脈・ノウハウを手に入れることを理由としてホストを始めるパターンです。

お金に関しては前述の通りです。
人脈に関してですが、ホストとして働くと普通のサラリーマン生活では関わることの出来ない様々な人たちと人脈が築けます。
中には自分の夢や自分自身に対して投資してくれる出資者が見つかる場合もあります。

ノウハウに関してですが、ホストは役職が付くとお店の経営に関わることが多くなります。
お店の運営全般(宣伝・戦略・人材育成など)に対しての経験が得られます。

目立ちたい、No.1になりたいから

ホストほど華やかな仕事はそう多くはありません。
周囲からの注目を集めたい、賞賛されたい、そんな理由からホストの仕事を選ぶ人も多いです。

また、ホストの世界では常に順位付けされています
No.1ホストと末端のホストでは扱いが大きく異なります。
他の人よりも上に立ちたい、偉くなりたい、自分がNo.1だと証明したい。
チャレンジ精神に溢れた人もホストの仕事を始めることが多いです。

友人に誘われたから

「ホストの仕事をやりたいが、1人では不安な友人」や「すでにホストとして働いている友人」からの誘いを理由として働き始めたパターンです。

ホストを始めるきっかけが100%自分発信ではないので仕事が長続きしない場合もあります。
その他、あるあるとして「誘ってきた友人の方がすぐ辞める」なんてこともあります。

女性にモテたいから

仕事を始める理由としてこれほど不純な理由もなかなかありません(笑)。
でも、ホストの仕事なら全く問題ありません。
面接時の志望動機として答えても良いくらいです。
ホストの求人情報の資格に「女性にモテたい人」と書かれている場合もあります。

実際には「ホストだからモテる」とは言い切れませんが、対女性スキルは間違いなく上がります。
ホストの仕事を引退した後でも女性と接する場面で役に立ちます。

なぜ人はホストになるのか

なぜ人はホストになるのか

日本には約17,000種類の職種があると言われています。
その中からホスト仕事がなぜ選択肢に入ったのか。
決め手となった個々人の理由はすでに上記のアンケート良くあるきっかけでまとめています。
ここでは、ホストの仕事が選択肢に入りやすくなった(ホストがなぜ増えた)理由に関してまとめました。

ホストの仕事を知る機会が増えた

現代のホストクラブの原型は1970年頃に誕生しました。
1990年代前半まではアンダーグラウンドな業界で「知る人ぞ知る」存在。
そこで働くホストに対する認知度は当然高くありませんでした。

1990年代後半から2000年代にかけて、ホストブームが巻き起こりました。
テレビや雑誌などのメディアでホストクラブとそこで働くホストが大きく取り上げられる機会がかなり増えました。
中にはカリスマホストと呼ばれ、その名が一般層まで浸透したホストもいました。

ホストブームによってホストとはどんな仕事なのか、かなり広く認知されました。
当然ホストになりたい、と言う人も増えたわけです。
ホストになる「きっかけ」が生まれる「きっかけ」が増えたのです。

ホストの仕事を探しやすくなった

ホストの仕事をしたいけれど、どこに応募すれば良いのかわからない。
こんな状況ではホストになる人はなかなか増えません。

ホストブームの時代でもホストの求人情報を専門的に扱う媒体はほとんど存在していませんでした。
女性向けの営業用サイトの片隅にひっそりと募集要項が書いてあるだけだったのです。

2000年代後半頃から、当サイト「ホストワーク」のようなホスト求人専門サイトが誕生し始めます
ホストになりたい人が簡単に応募できる様になったのです。
必然的にホストになる人はどんどん増えていきました。

気軽に働けるお店が増えた

現代のホストクラブではホストの働き方は様々あります。
基本的に毎日出勤する「レギュラー」
週に数日だけ出勤する「アルバイト」
空いた時間に出勤する「副業・掛け持ち」
お店に所属しない最先端の働き方「フリーランス」

など。
お店によって可否はありますが、昔に比べると圧倒的に選択肢は広がっています。
ホストの仕事一本に絞る必要がないので働き方や働く時間が合わないことを理由に諦める人が減ったのです。

辞めやすくなった

「ホスト=辞めれない」。
このイメージは今でも僅かに残っていますが、時代と共にホストクラブも変わっています。
現代のホストクラブでは辞めたいのに無理やり働かされるようなことはありません
お店に直接的に損害を与えるなど、よほどの理由がない限りは何の問題もなく辞めれます。

辞められない問題が解決すれば、ホストになるハードルは一段と下がるでしょう。
つまり、ホストになる人は増えるわけです。

まとめ

ホストになるきっかけや、なぜホストになる人が増えたのかについてまとめました。

どんな仕事でもそうですが、きっかけや理由に正解はありません。
あなたがホストに対して興味を持ち、働いてみたいと思えばそれでOKなのです。
ホストの仕事には体験入店と言う便利なシステムがあり、入店前にお店の雰囲気や先輩ホストについて知ることができます。
気軽に活用してホストの世界に一歩足を踏み入れてみましょう。


PYRAMID
PYRAMIDの広告バナー
TOPDANDY -OSAKA-
TOPDANDY -OSAKA-の広告バナー
CLUB VERSUS
CLUB VERSUSの広告バナー
FIVESTAR
FIVESTARの広告バナー
CLUB ADAM
CLUB ADAMの広告バナー
Club goofee
Club goofeeの広告バナー
Stylish club Ray
Stylish club Rayの広告バナー
club eve
club eveの広告バナー
AMBIENT
AMBIENTの広告バナー
FAITH
FAITHの広告バナー
DESTINY
DESTINYの広告バナー
大阪男塾
大阪男塾の広告バナー

はじめての方へ
ホストワークをご利用の方へ
利用規約
プライバシーポリシー
求人広告掲載について
お問合せ
運営会社
有料掲載店ログイン

運営スタッフ募集