職種解説〜ホスト〜

男性の稼げる仕事と言えばやはり「ホスト」。
ホストワークはこのホストの求人情報に特化したサイトです。
ホストになる方法から給料システム、仕事上のルールや接客方法などあらゆる角度からホストについてまとめました。 最終更新日:2021-08-06

ホストの求人情報を地域から探す

目次

ホストとは

ホストとは

女性向けの社交飲食店=ホストクラブで接客を担当するスタッフの総称です。
キャバクラの男性スタッフ版を想像するとわかりやすいです。

仕事内容

ホストの仕事を簡単にまとめると以下の通りです。

  • 接待(接客)
  • ヘルプ(接客補助)
  • お客様とのお喋り
  • お酒作り
  • お酒を飲む
  • 掃除・後片付け
  • ミーティング(朝礼・終礼)
  • 同伴
  • アフター

詳しくは専門の特集がありますのでそちらをご覧下さい。

源氏名

ホストは本名のままで働くことはありません。
仕事上の名前である源氏名(げんじな)を使用します。

ホストクラブ各店で源氏名に関するルールがありますが、基本的には自分で決めることができます。
新人のうちは名前だけで苗字が無い場合が多いです。
ある程度売れっ子にホストになるか、経験を積むと苗字を付けることができます。

性別

ホストはホストクラブが誕生したその日から男性に限られていました。
しかし、近年では女性が接客するホストクラブも極わずかですが存在します。
その場合、女性のほとんどは「男装」して接客を行います。

年齢

ホストとして働くには法律上の年齢制限があります。
18歳以上で無ければ働くことができません。
たとえ18歳を超えていても現役高校生はホストクラブ側の自主規制で働けないケースがほとんどです。
※定時制高校の場合はOKとするお店もあります。
ホストの平均年齢はその時代で異なりますが、20代前半であることが多いです。

ホストの年齢の下限は法律によって決められていますが、上限については特に決まりはありません。
若いイメージのあるホストですが、最近では30代になってからホストの仕事を始める人もいます。
極端な例ですが、歌舞伎町には還暦(60歳)を超えたホストも存在します。
何歳まで働けるのかは、そのホストの実力(売上)に拠るところが大きいです。

ルックス

ホスト=イケメン。
ルックスがよくなければホストとして働けない。
などと思われがちのホストですが、トークの面白い人であれば十分に活躍できます。
但し、接客業を行うにあたって最低限の身だしなみができていなければなりません。

ルックスにコンプレックスを抱いているホストの中には稼いだお金を使って整形を行い、更なる売上アップを図るホストもいます。
整形の事実を隠さずオープンにしているホストも増えています。
一部のホストクラブでは整形を奨励しているのか、整形費用の負担を行っていることもあります。

ファッション

ホストの仕事着といえばスーツ。
一般的なスーツに比べて派手なのが特徴で、ホストクラブの煌びやかな雰囲気とマッチしています。
スーツを持っていない新人ホストにはホストクラブ側がスーツのレンタルを行っていますので心配いりません。

時代とともにホスト=スーツの関係性も100%ではなくなっています。
より個性を出せる私服での接客を行うホストクラブが増えています。
但し、誰でも私服での接客ができるわけではなく、一定額の売上達成を条件とするなど制限はあります。

適性

ホストの仕事は自分にもできるのか、どんな人がホストの仕事をするのか、と疑問に思う方は多いです。
適性のある・なしは実際に働いてみないと分らない部分が多いですが、ホストクラブには「体験入店」の制度があるので比較的気軽に、リスク無く適性を知ることができます。
※体験入店については次項の「ホストになる方法・流れ」で触れています。

ホストの適性については専門の特集記事がありますのでそちらをご覧下さい。

ホストになる方法・流れ

ホストになる方法・流れ

最終的にホストとして働くまでの流れを解説します。

求人情報をチェックする

現在ご覧になっているホストワークをはじめ、いくつかホストの求人情報サイトがあります。
まずはそこで求人情報をチェックしましょう。
各店の給料・待遇情報や入店希望者へのメッセージなどを見て希望条件を満たすお店を見つけましょう。
求人情報を見るのが初めての方は店選びのコツや、身近な先輩である新人ホストに行ったアンケート調査を参考にして下さい。

求人応募を行う

目当てのお店が見つかったり、求人情報について質問したいことがあれば気軽に問い合わせを行いましょう。
問い合わせ方法はホストワークを例に挙げると、電話・メール・SNS(LINE)、フォームの4種類が可能です(お店側の都合で使えない方法もあります)。

質問事項は事前にまとめておくとスムーズなやり取りができます。
電話以外の方法であれば時間を気にせず問い合わせできますが、お店からの返信・返答が受けられるようにしておきましょう。
面接や後述する体験入店の日取りに関して尋ねられることもあるので可能な日を予め決めておくと良いです。

面接

時間厳守でお店に向かいます。
遅れそうな場合は事前に連絡しておきましょう。

お店の求人担当者と面接を行います。
特に履歴書等は必要ない場合が多いです。
その代わり、年齢確認を行うための身分証明書は必須です。

服装に関してはお店によって対応が異なります。
スーツがあればそれが無難です。
ない場合でもジャケットがあると便利です。
接客業の面接ですので、不潔な格好は止めておきましょう。

体験入店

一通り面接を終えた後に体験入店を行います。
体験入店とはホストの仕事をシミュレーションすること
基本的なルールやテーブルマナーを学んだ後にはお客様がいるテーブルで実践を行います。
接客と言っても接客担当のホスト(指名ホスト)がすでにいます。
体験入店に参加した人は接客サポートのみです。

体験入店には特に料金等は必要ありません。
逆に、一定額のお金をもらえます。
呼び方は様々ですが体験料・体験費などと呼ばれます。

体験入店はホスト未経験者のためだけのシステムではありません。
経験者であっても、体験入店をすることでお店の集客力や他のホストの力量などを知ることができます。

入店の意思確認

体験入店を終えると担当者から入店の意思確認が行われます。
その場で即決しなくても大丈夫です。
家に帰り、気持ち・考えを整理して後日担当者に連絡しましょう。

面接や体験入店を経て、
「ホストの仕事が想像していたものと違う」、 「自分には難しい」、 などを感じるのであれば入店を断るのもありです。
ホストの仕事自体にまだ興味があるならば他のホストクラブの面接〜体験入店に応募してみましょう。

ホストの給料システム

ホストの給料システム

ホストの給料で鍵となるのは「歩合給」と「最低保証(保障)給」の2つ。
それぞれについて解説しましょう。

歩合給

いわゆる成果報酬型の給料です。
ホストの成果とは売上。
お店に多くの利益をもたらしたホストほど、大きな収入を得ることができます。

売上額に対してどれくらいの割合の金額がホストの手に渡るか(歩合率)はお店によって異なります。
大よその目安は50%〜80%ほどです。
歩合率は店舗によってもことなりますが、スライド制の有無でも変わります。
スライド制とは売上額が上がるごとに歩合率も上がるシステムです。
期間限定で歩合率を100%に設定しているお店もあります。

最低保証(保障)給

最低保証(保障)給とは言わば固定給のようなもの。
売上が0であろうがちゃんと働いていればもらえます。

前述の歩合給はがんばった分だけ給料に還元されるシステムが魅力的でした。
但し、誰もがいつでも売上を計上できるわけではありません。
特に新人ホストは自身の売上に貢献してくれる指名客が0からのスタートだから難しい。
一生懸命働いているの売上がないために収入がゼロになるのでは続けられません。
そんな人たちの為のシステムが最低保証(保障)給なのです。

実際に稼げる額は?

頑張り次第で上限なく給料が上がる歩合給システムを採用しているホストですから稼げる額は千差万別。
売上が最上位のホストだと月間で売上額が1億を越えます。
歩合率を少なく見積もっても月収で5000万以上は稼いでいる計算になります。
夢はありますが、これからホストを始める方にとってはあまり現実的な数字ではないかもしれません。
※実際にここまで稼げるのは一握りのホストのみ。

ホストワークではより現実的な数字として平均年収や年収の中央値に関して調査を行っています。
興味がある方は下記のリンクから特集記事をご覧下さい。

ホストのルールと禁止事項

ホストのルールと禁止事項

自由気ままな仕事と思われがちのホストですがルールはちゃんとあります。
ルールを破れば当然トラブルに発展しますので注意しましょう。
全てをここで記載するには数が多いので代表的なものを解説します。
その他については関連特集で確認して下さい。

お客様の年齢や職業を聞かない

ホストクラブは日常を忘れ、楽しむ空間。
年齢だとかどんな仕事をしているかなど現実的なことはホスト側からは聞かないようにしましょう。
もちろん、お客様側が自ら話してきた場合は問題ありません。

ヘルプとして付いている席で勝手にお酒を飲まない

ヘルプホストは常にサポート役に徹しましょう。
お客様や指名されたホストのお酒の準備をした後はちゃんと確認してから自分の分を作ります。
勝手な行動でお客様を怒らせてしまったら大変です。

他のホストの情報を漏らさない

ヘルプとして席に付いている際に、指名ホストの内情をペラペラと喋るのはルール違反です。
特に指名ホストが別のテーブルに移動している際など不在時はNG。
ホストとお客様のトラブルに発展する可能性があります。

他のお客様の情報を漏らさない

お客様のプライバシーには常に配慮する必要があります。
中にはエキセントリックなお客様もいるでしょう。
ネタにしたい気持ちは分らないでもないですが、お客様からすれば「自分も同じ様にネタにされてるかも」と思ってしまうかもしれません。

他のホストのお客様に手を出さない

同じお店で働くホストはライバルではありますが、その権利は守らなくてはなりません。
指名によって繋がったホストとお客様の関係を横取りするのはNG。
これが守られなかったら店内でお客様の奪い合いが起こり、秩序は崩壊します。
最終的に自分自身にも大きなデメリットが発生するので止めましょう。

直引き(じかびき)しない

ホスト用語で「お客様から直接お金や物を貰うこと」を意味します。
少しでも多くのお金が欲しいホストと、そんなホストに貢ぎたいお客様の利害が一致した形です。
店内でお金を使うことがほぼ無くなるため、ホストクラブ側は本来得られるはずの利益を失う可能性が高いです。
ほとんどのホストクラブで禁止事項に定められています。

ホストとお酒

ホストクラブとは

ホストの仕事と切っても切れない関係なのがお酒。
お酒に関する話題を解説します。

お酒=給料

現在のホストクラブのシステムでは売上の大部分をお酒が占めます。
ホストの給料は売上に対する歩合がほとんどですので、結果的にお酒=給料という認識になります。
稼ぐためには少しでも高いお酒を注文してもらうのが大きなポイントです。
ホストクラブには1本1,000円程度のチューハイから、1本数千万のブランデーまで幅広く取り揃えています。

ホスト=酒豪?

ホストの仕事=大量のお酒を飲む、といったイメージがあるために誤解されがちですがホストが全員酒豪なわけではありません。
仕事を通じて少しずつお酒に強くなったホストもいますし、お酒の飲み方を工夫して対応しているホストもいます。
一口飲んだけで酩酊するような方はさすがに難しいですが、お酒の強さに自身が無い方でもやり方次第でホストの仕事は出来る可能性が高いのです。

お酒に弱いホストの働き方

お酒に関しては自身がないと自覚しながらも、ホストの仕事に興味がある方もいるでしょう。
そんな方々にもホストとして働く道はあります。
まずは自身のお酒の強さを客観的に知ることから始めましょう。
弱いと思い込んでいるだけで実際は他の人とあまり変わらない、何てこともあります。

実際に弱かった場合はお酒を飲まずに稼ぐ方法を見つける必要があります。
ソフトドリンクのみにする、同じテーブルのヘルプホストの飲んでもらう、周囲の助けを借りる、飲むこと以外にお客様を楽しませる方法を見つける、などがあります。
自分自身にしっかりと価値を見出せればあのローランドのようにお酒を飲まずとも大きなお金を手にすることができるかもしれません。

専業以外のホストとしての働き方

ホストとしての働き方

ホストの仕事は専業で働いている方が多いですが、最近はそれだけに留まりません。
新しいホストとしての働き方を解説しましょう。

学生ホスト

冒頭の「ホストとは」の年齢に関する項目でも触れましたが、18歳を超えていても高校生は基本的にホストとして働けません。
ここで言う学生とは大学生のことです。
高校生までとは違い、大学生は講義(授業)の編成を自ら選択することが増えます。
スケジュールをある程度コントロールすることでまとまったバイトの時間を確保することができます。
夜の時間帯がメインであるホストの仕事との時間的な相性は良いです。

コンビニ、カフェ、家庭教師など大学生バイトの定番も良いですが、大人の世界を覗き見できるホストの仕事は以外と人気が高いです。
普通のバイトよりも短時間で高収入を得られるチャンスは大きいですし、ユニークな人脈を築けることも。
ホストクラブ側も若くて業界未経験のスタッフを必要としているので興味がある方は積極的に応募してみましょう。

副業・掛け持ちホスト

時代の変化と共にホストの仕事も段々とカジュアル化が進んでいます。
専業でなくても、短時間・短期間でも働けるお店が増えています。
そんな中、本業や他のバイトがありつつもホストとして働く人たちが出てきました。

ホストの仕事は副業や掛け持ちに向かない、と考える方がいるかもしれませんがそうでもありません。
営業時間は法律上の縛りがあるので1部営業と2部営業にほぼ固定されているのでスケジュールを組みやすいです。
また、営業時間自体が全体的に短く、近年ではその傾向が強くなっています(3〜4時間営業のお店もあり)。
興味本位でも、ちょっとした小遣い稼ぎでも、ホストの仕事を選択肢に入れるのは間違った選択ではありません。

さらに、近年では週1日の出勤だけでもOkというホストクラブが増えています。
週末のみ副業ホストとして働きたい方はもちろんのこと、ホストの仕事がどんなものか軽く知りたい方にもオススメです。

新しいホストのスタイル

新しいホストのスタイル

ホストの仕事と言えばスーツを着て、お酒を飲み、夜に働くイメージが強いですが、時折新しいムーブメントが発生します。
比較的新しい2つのスタイルについて解説します。

ネオホスト

お酒は飲まずにソフトドリンク、スーツは着ずに私服で接客する新しいホストのスタイルとしてブームを起こしたのがネオホスト。
ホストの2大イメージであるお酒とスーツを否定するネオホストにはメディアも注目し、一時期はテレビや雑誌で特集されていたほどです。
ネオホストの代表格としてよく名前が挙がっていたのが「櫻 遊志(さくらゆうし)」です。

今現在、ことさらネオホストの名称を使うことは少なくなりました。
相変わらずホストはお酒をよく飲みます。
しかし、私服での接客はこのネオホストのブーム以後はかなり広まっています。
※それ以前からも私服で接客するお店はありましたが

朝ホスト

特に歌舞伎町界隈で近年ブームになりつつあるのが朝ホスト。
ホストクラブにおける営業時間のうち、2部営業(午前6時〜)で働くホストのことです。
歌舞伎町では2000年代半ばのいわゆる「歌舞伎町浄化作戦」により多くの2部営業のホストクラブは閉店するか、1部営業への変更を余儀なくされました。
それから10年以上も歌舞伎町のホストクラブと言えば1部営業(夕方〜0時)が主流でした。

歌舞伎町のホストクラブ業界もやや飽和気味な状況があり、新たな市場として2部営業を視野にいれるホストクラブが増えてきました。
その際にイメージしやすい名称として朝ホストが使われるようになったのです。
この先、どれだけ朝ホストが定着するかは未知数ですが、市場の拡大は就業先の拡大も意味しますのでホストの仕事は探しやすくなるでしょう。
※2部営業(朝ホスト)自体は歌舞伎町が極端に少ないだけで、他の地方では以前から普通に営業していることもあります。

ホストの接客方法(営業)

ホストの接客方法(営業)

ホストがどのようにしてお客様を楽しませるのか。
具体的な方法はホストごとに異なりますが、方向性はある程度分類できます。
「営業」とも呼ばれるホストの接客方法のうち代表的なものを解説します。
更に詳しい内容は特集記事を参照してください。

色恋営業

擬似恋愛を提供するホストの最もスタンダードな接客方法です。
あたかも恋人同士のようないちゃいちゃしたやり取りを行います。
少なからず全てのお客様がホストクラブに求めている要素なので失敗が少ないです。
但し、お客様の貴方に対する本気度を見誤ると泥沼状態になることも。

新人ホストが失敗しやすいのが逆にお客様に恋愛感情を抱いてしまうこと。
特定のお客様に入れ込み過ぎると他のお客様の扱いが相対的に悪くなってしまう可能性があります。

オラオラ営業

お客様に対してやや高圧的な態度で接客する方法です。
高圧的と言っても声を荒げたり暴力的な態度を取るわけではありません。
お酒の注文などで選択肢を与えずに決めてしまったり、急に呼び出したり、ホストの都合を最優先で物事を進めます。
万人受けする接客方法ではないので相手を見極めないと指名はなかなか増えないでしょう。
某カリスマホストまで極めれば、それ自体が個性となり興味を持ってくれるお客様は増えるでしょうが。

友達営業

良き友人関係をお客様と築く接客方法です。
擬似恋愛を売りとするホストクラブにおいて、かなりライトな関係性です。
大学生の飲み会のノリのようなワイワイ盛り上がる接客を行います。
色恋営業に比べれば自身のために使ってくれるお金の金額は低めです。
進んで友達営業をするのもありですが、多数のお客様を管理する上で選択肢の1つにするのもありです。

枕営業

お客様との肉体関係を売りとする方法。
肝心の接客部分は店外デートの際に行われるので店内では色恋営業と基本的には変わりません。
ホストにとって究極の営業方法であり、わずか1日でお客様との親密度を急上昇させることができます。
但し、その反動で後々の関係性の維持が難しいデメリットもあります。
枕営業は基本的には秘密裏に行われているものですが、まれにそれを表明して売りにしているホストも存在します。

ホストの退職・移籍・引退

ホストの移籍と引退

ホストの仕事は基本的に実力主義です。
そのため、自身の力が及ばないことを知って退職を決意するホストがいる一方で、より実力が発揮できるお店を求めて移籍を考えるホストがいます。
その他、惜しまれつつも引退するホストがいます。
それぞれについて解説します。

ホストの退職

ホストの仕事は長年に渡ってブラックなイメージを持たれてしまっています。
特に多いのが「ホストは辞められない」と言うもの。
働きたくないのに無理やり働かされているイメージは業界的にもマイナスです。

では、実際はどうかと言うと拍子抜けするくらい簡単に辞められます。
少なくとも2週間、余裕をもって1ヶ月くらい前に退職の意思を伝えればOKです。

ホストの移籍

移籍の理由は様々ですが、やはり多いのはお金のこと。
集客力があり、歩合率が高い稼げるホストクラブが他にあるのなら検討するには十分です。
幸いなことに、お客様とホストクラブ(お店)の繋がりよりもお客様とホストの繋がりの方が強いので移籍した後でもお客様との関係を切らずに再出発することが比較的簡単です。
売上が高い、知名度が高いホストであれば移籍金をもらうことも出来ます。

ホストの引退

ホストは数ある仕事の中でも引退のタイミングが早いです。
近年は30代の現役ホストも珍しくはないですが、多くは20代後半〜30代前半でホストを引退します。

引退後にどのような道を進むかはホストによって異なります。
多くの場合は他業種への就職を行います。
ホストの仕事は特殊ではありますが、そこで得た知識や経験は意外と活用できるチャンスがあります。

売上が高く、人気がある看板ホストの場合は店舗運営・経営側に回ることもあります。
独立志向の強い人は、稼いだ資金を元に企業したり、自身のお店を構えたりもします。

まとめ

以上、ホストに関する情報をまとめました。
単純なようで奥深いのがホストの仕事。
少しでも興味を持った方、疑問が解決できた方は下記のリンクより実際の求人情報をチェックしてみて下さい。

club eve
club eveの広告バナー
FAITH
FAITHの広告バナー
LION HEART
LION HEARTの広告バナー
CINDERELLA
CINDERELLAの広告バナー
TOPDANDY -OSAKA-
TOPDANDY -OSAKA-の広告バナー
CLUB VERSUS
CLUB VERSUSの広告バナー
PYRAMID
PYRAMIDの広告バナー
AMBIENT
AMBIENTの広告バナー
CLEVER
CLEVERの広告バナー
DESTINY
DESTINYの広告バナー
Club goofee
Club goofeeの広告バナー

はじめての方へ
ホストワークをご利用の方へ
利用規約
プライバシーポリシー
求人広告掲載について
お問合せ
運営会社
有料掲載店ログイン

運営スタッフ募集